月別アーカイブ: 2012年10月

ほんま?

 

「関東はマックで、関西はマクド」
関西全域がマクドなのではなく、特に大阪がマクドなのだ
そうです。俗語研究で第一人者という人物の解説。
 
マクドは京阪神アクセントからきている略語。
大阪弁で「まいど!」と言うが、この「まいど」は低高低と真
ん中が持ち上がる。これは京阪神アクセントの特徴であり、
関東のアクセントではマックが似合うが、京阪神では「マクド」
とするほうが自然なのである。
 
ほんまかいな?
 

工事中

 

再建設中の銀座「歌舞伎座」。
「水道工事中」なんて看板立てて、瓦が半分しかついていない
庇の下をヘルメットかぶったおっさんが我がもの顔でウロウロ
しているなんていうのはどうにも奇妙に感じられてならなかった。
同じような感覚を持たれる方って結構いるんじゃないかな?
 
ご興味ある方は行ってみると面白いですよ。
 

 

「笑」と「咲」という表現は日本に入ってくるときに意味が逆に伝
わったらしい。「お笑い芸人」は本当は「お咲き芸人」だった?
「豆腐」と「納豆」も元は逆らしい。
新しい言葉が使われ始め、誤解して使われたりしながら、使い
勝手のいい方になったのだろう。
 

しかし、「豆腐」はそうかも。

豆が腐るのだから・・まさに納豆そのもの・・。

変化

 

温暖化とか外来の動植物の繁殖とかで、かつての

自然の姿が変わってきています。

 

何でも「温暖化」のせいにする人達とは一線を画し

ていたいと思いますが、当たり前だったものが大き

く変化してしまうのは残念なことです。「そんな時代になったのだ」という意識にならなけれ

ばいけないのでしょうか?

いじめ

 

学生時代、同級生でいじめられてる奴がいた。

彼はのんびりした、優しい性格だった。

 

その優しさが、悪ガキどもには、気に食わない

らしかったが。

 

いじめている連中は、ろくでもないような奴ばか

りで、どうせ、ろくな大人にはなっていないだろう。

 

悪貨が良貨をの例え通りのことが多いものだ。

あめ

 

今日は、雨の中をとぼとぼ歩いて病院に行きました。これまでのこと、今のこと、先のことなどを考えながら、

てくてく歩きました。

 

この時期の雨は冷たくてイヤですね。

行き先が病院ですから、なおさらです。

お薬を処方してもらって帰るだけなのですが、病院

も雨の日も嫌いです。

転倒

 

こんなことがありました。
 
買い物帰りの歩道、なんでもない平坦なところで、
いきなり足がもつれ派手に転倒する。
 
買い物袋の卵やら刺身などをぶちまけて、泣きた
い気持ちを堪えながら、割れた卵を拾い集め、埃に
まみれたお造りを回収する。
 
通り過ぎる人の中には笑い声を発する人もいて、
恥ずかしかった。
 

何とかして

 

いいのか?

こんな輩を野放しにして?

先日、「B−CASカードの不正製造販売」で逮捕されたバカがいたが、

ヤフーメールで、購入を勧誘するメールが毎日届いてるよ。

 

いいのか?このままで?

何もしなかったら、犯罪行為を黙認してるだけじゃないか?

その業者なんて、売春(デりヘルだろうが)の広告と一緒に送ってきて

るんだよ。

 

孫さん、あんたの所には届いてないのかい??

立派

 

拉致被害者で10年前に帰国した蓮池薫さん夫妻、

拉致被害者支援法に基づく給付金受け取りを辞退

するようだ。

「これまでの給付金は大きな支えとなり、国民の皆

さんのご声援で自立の道を確立することができた」

と語ったという。

違法に生活保護費を受け取るような輩もいる。

蓮池さん、立派です。

磨く

 

昨今は「自分磨き」というものが流行っているようで

いろんな習い事やら、お稽古に精を出す女性も多い。

 

そんな女性の中には理想の高い人もいる。

男性に対しても条件をつけたがる。自分は努力し、

自己投資しているのだから、相手もそれなりでないと

満足しない。

磨くのは自由だが、高慢になっては良い相手も現れ

ないだろう。