カテゴリー別アーカイブ: スポーツ

スキーのブーツの注意

スキーブーツの選び方はたくさんのブログで説明されています。
自分の足に合ったスキーブーツを選ぶことが大切です。

選び方を理解して、やっと見つけたスキーブーツは大切に使いたいものです。
ここでスキーブーツについての注意を紹介しましょう。
スキーブーツの経年劣化です。

スキーブーツはプラスチックを使用して作られていますが、金属と違って強度が低下していきます。
これが経年劣化です。

目安として5年程度が限界と言われています。

もちろん、すぐに破損することはありませんが、滑っている時に割れたりすると大怪我の元になります。
安全に滑りたいなら、シーズン前に経年劣化のチェックをしておきましょう。
チェックは目で見てわかることです。

スキーブーツの本体や部品の表面にひびが入っていないかを確認してください。
それから、表面の「光沢がなくなっているとか、白濁している部分はないか見ましょう。
自宅で履いて、滑る動作をしてみましょう。
違和感はありませんか。

シーズン前にチェックすることがポイントです。
スキー場に行ってからでは、チェックする暇がないでしょうし、そこで異常が見つかっても我慢して履くことになるからです。
スキーは楽しいスポーツですが、怪我の多いスポーツでもあります。

怪我をせずに楽しく滑ることもスポーツの楽しみと考えるべきでしょう。
そのためにはスキーブーツの経年劣化を頭に入れておいてください。
5年で使用できなくなると考えれば、あまり高価な道具を購入する必要もないですね。

人気のスキーブーツ

スキーのブーツの種類

スキーをする時には専用のブーツを履きます。
スキー板に固定できるようになっています。
初めてスキーをする人はブーツの重さに驚くかもしれません。
ブーツの選び方でうまく滑れるかどうかが変わってきます。
スキーブーツは3種類があります。

アルペンとクロスカントリー、テレマークです。
クロスカントリーとテレマークはスキー板を付けて雪道を歩くためのスキーブーツです。
競技などで選手が履いているものですね。

踵の部分が固定されていないタイプです。

一般の人がスキーブーツと呼ぶ時にはアルペンのことと思っていいでしょう。
ブーツの外側は固いプラスチックで作られていますが内部には柔らかいインナーがついています。
つまり、2重構造になっています。

インナーは保温性があるため、雪の中でもつま先が冷たくなることはありません。
ただ、長時間ブーツを履いていると、どうしても足が痛くなります。

最近のスキーブーツは高性能になってきており、足の形にフィットするようになっているものもあります。
外側はシェルと呼びますが、硬いシェルと柔らかいシェルがあります。
硬いシェルは競技をする人が履くタイプで、一般の人は柔らかいシェルを使用します。
スキーブーツの選び方について、インターネット上にたくさんの情報があります。
これは多くの人が悩んでいるからでしょう。

ただ、雪国の人やすきがー好きな人でなければ1年間にスキーブーツを履く機会はそれほど多くありません。
1年に一度くらいの使用ならレンタルで十分でしょう。

【スキーのブーツ】