短い命

夏の山間部などで、薄暗い林などに行けばヒグラシの大合唱になっていて、その唄は、

切ないというよりは、結構な迫力を持つもので、短い命を嘆き悲しみ、それ故の懸命さ

が込められているようにも感じた。その鳴き声に平家物語がだぶるのは自分だけだろう

か。