若くても

歯周病と言えば中高年の病気と思うかも知れないが、厚生労働省の調査では、

歯周病の可能性がある人の割合は、20代で75%、30代で80%となっている。

 気が付かないうちに、若い頃から歯周病を患っているケースは多く、そのまま放

置しておくと40、50代になった時に後悔することになる。