三度まで

「仏の顔も三度まで」というが、その言葉の意味する通りで、三度も忠告している

にも関わらず改めようとしないような人にはうんざりする。ただ、その人には、その

人なりのくだらなくとも考えというものがあるのだろうから沈黙を保つのがお互いの

ためというものだろう。