冗談では

ネットでも、他人の権利は尊重され保護されなければなりません。第三者の著
作権や肖像権、商標権、コンテンツの二次利用などについては慎重に扱うべき
であり、時折、訴訟に発展したりするケースもあるので注意が必要で、そうなる
と冗談ではすみません。