扶養

扶養控除の適用範囲は広く、子供や妻だけが対象ではなく、逆に、妻が無職の夫を扶養
にしたら対象になるし、離れて暮らす親なども扶養控除の対象になる(この場合は送金の
証明となるものが必要)。合法的な節税対策であるから該当している人は利用してみたら
いいだろう。