これも現実

働いていない人が、就労しつつ貧困にあえいでいる人よりも収入が多いのは不
自然ではある、ただ、扶養家族の数など家庭によって特異な事情もあるだろうか
ら、個別に対応が必要かも知れない。特に、子供の就学に影響を与えるようでは
悲しい現実となってしまう。