情報力

相場の法則が形作られたのは、江戸時代の「米相場」だと言われている。
チャート(いわゆるローソク足)という分析方法によって、相場の天井や底を予測すると
いうことが行われはじめたが、一説には「情報力の差」で勝ち負けがきまっていたのだ
とも言われる。