不安

高齢化が進展する中、働き手の減少は当然のことながら問題となってくる。
実際に、経済成長のマイナス要因になる度合いぁだが、日銀の試算では、2030
年代には成長率が2%ほど鈍化するとされており、大きなインパクトとなる、それに
伴って年金の受給者や医療費は増大するのだから、かなりの不安要素である。