依存症

飲酒の習慣を続けるに従って、アルコールへも依存が高まってきます、何か不愉
快なことやストレスを感じた時に、うさを晴らすように飲んだりするもので、条件反射
のようになってしまいます。気がついたら、身体が言うことを聞かなくなってしまうこともあり「アルコール依存症」という厄介なものを授かってしまう場合もあります。