財源

年金や福祉政策(医療費)などだが、国の本音は「できれば払いたくない」、「払うに
しても最小限にしたい」というところだろう。それは当然だ、借金にまみれて利息の
支払にも難儀しているのに、それ以上を負担する財源などどこにもないし、余裕ど
ころか「赤字国債」による「自転車操業」なのだから。