分相応

人間と言うものは「多くを望む」から苦悩することになる。
どんなに望んでも手に入らないものはどうしようもないのであり、それこそ「無いものね
だり」に他ならない。望むことは大切だが、残念ながら「分相応」ということも心得ておか
なければ、無意味に暗い気持ちになるだけだ。