親しい方が亡くなったりすると、文字通りなのだが、「心に風穴が空いた」ような虚無
感に襲われてしまう。身内も何人か亡くしてしまったが、何度くりかえそうと、その衝
撃の大きさは変わらない。
人生の中で、もっとも神の存在を願う瞬間になる。