どじょう

子供の頃の田舎に、「どじょう池」なんて呼ばれる池があって、たしかに、どじょうが
うようよいるのだ。一日、釣り糸を垂れていれば200匹くらいは釣れる。
家に帰ったら、一晩、水道水につけておく、どうじょうが体内の泥を吐きだし綺麗な
身体になるからだ。