北斎

ある日、葛飾北斎のもとに弟子入りをしてきた気鋭の画家がいた。

彼の名は「安藤広重」、北斎は広重の作品を見たとたんに、彼の才能を見抜いたそう
だが、力量を伸ばしてしまえば、自分にとって脅威になると感じ、弟子入りを拒否した
そうだ。