個性

 

私が子供の頃の頃の教育は、現在とは大きな違い

があるように思う。

自分の頃は「個性」など認められず、とにかく統制を

とること、統率することが主眼だったような。

中には、子供を愛して教育に携わっていた教師の

記憶もあるが、大半は、スパルタ式に従わせる

やり方をしていた。

個性的であることに偏見を持たれた。