縁側で

 
子供の頃には「エアコン」なんてなかった。
全ての窓を開け放って、自然の風を感じながら、縁側で昼寝してました。
風のない日には、おふくろが「うちわ」で風を送ってくれたりして。
夏休み、記憶にあるのは「たらいで冷やしたスイカ、蚊取り線香の匂い、
軒先の風鈴の音色」、そんなものかな。丸刈りの頭で、ランニング・シャツ
を着た、色あせたモノクロ写真が残っています。